山嵐:大家仁志大野木健太役の大家仁志です。


横濱短篇ホテルでは「初恋の人」「プロポーズ」の2篇に出演します。

稽古は順調?

というか、まぁ、楽しく且つ必死に頑張っております。

どうぞお楽しみに!


さて、加茂さんから
「ズバリ初恋の甘酸っぱい思い出はありますか?」という質問ですが…
画像-0367
小学校6年だったかと思いますが、クラスにNちゃんという子がいて、
凄く可愛くて、スラッとして、スポーツ万能で…
クラスのアイドルのような存在でした。
クラスの男子はみんなそのNちゃんが好きだったと思います。(写真真ん中が大家)

…で、休み時間かなにかに彼女ともう一人の女子を空き教室に呼び出して、男子の代表二人くらいが中に入って誰が好きなのか聞いて来る、

で、残りの男子はみんな、固唾を飲んで廊下で報告を待つ…みたいなことがありまして。
その頃の僕は、まぁバカな事をやって笑ってもらえる、くらいのこれといった取り柄も無く、運動も勉強も取り立てて凄くも無い、平凡な男子でしたから…
当然自分が選ばれるとは思いませんし、クラスの下馬評でも全くのノーマークでした。

で、教室の扉がガラッと開いて男子代表が出て来ました。
呆然として、夢遊病者のような足取りで、僕らの前を素通りして歩いて行きます。
みんなで追いかけて
「誰?誰!」「誰だよ?」
僕もはしゃいで「誰だって?」
そしたら代表が止まって

「……オーちゃん…」
「ぇ…ぇえっ?……オレ?」

…周りのみんなも呆然として僕を見て「…………」

みんな夢遊病者みたいに僕を置き去りにして去って行きました。

「えーっ!俺イケてるのかー?!」

………その時から僕の勘違いが始まり、
結果として今、役者をやっているという訳なのです!

長い話に付き合って頂いてありがとうございました。

というわけで、明日からも張り切って勘違いしながら頑張ります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて次は期待の新人、田上唯さんにお願いします。

質問はありきたりかもしれませんが

「女優さんになったきっかけは?どんな女優さんになりたいですか?」

宜しくお願いします。



大家仁志