20141222141535736_0001

劇団青年座創立60周年記念公演 第6弾
<第217回公演>
‐たたら

作=早船聡
演出=須藤黄英

<スタッフ>

美術=伊藤雅子
照明=中川隆一
音響=中島正人
衣裳=竹原典子
舞台監督=尾花真
製作=森正敏長尾敦


<キャスト>
〆西康平=山路和弘



  ◆今西康平
  山路和弘(やまじ・かずひろ)








⊃緇妥柑亜畛核槊尭鶚



  ◆水沼鉄三
  山本龍二(やまもと・りゅうじ)








佐伯幹生=石母田史朗



  ◆佐伯幹生
  石母田史朗(いしもだ・しろう)









ず看貎霾罅癧盒狭子



  ◆佐伯瑞穂
  盒狭子(たかはし・さちこ)









タ緇陀嫉沺疔秬湖厠き



  ◆水沼房枝
  麻生侑里(あそう・ゆり)








高岡翔太=山秀樹



  ◆高岡翔太
  山秀樹(やまさき・ひでき)








Ю篤8治=横堀悦夫



  ◆斉藤賢治
  横堀悦夫(よこぼり・えつお)








<あらすじ>
K市はかつて鋳物の町として栄えたが今は都会のベッドタウン。
今西康平は親から継いだ鋳物工場を早々に手放し、今は不動産ブローカーとして暮らしている。
若い頃、康平と一緒に鋳物の修行をしていた水沼鉄三は、
余所で職人を続け現代の名工として活躍していたが、
息子の死をきっかけに工場をたたみ、K市に帰って来た。
同じ頃、康平の息子・幹生も父を頼ってやって来る。
扱いに困り、娘の瑞穂に事情を聴くと、幹生は職を転々とした後、
どこにも就職出来なくなりひきこもりになったとの事だった。
そんな折、かつての職人仲間、斉藤賢治が経営する小さな鋳物工場は倒産の危機に瀕していた。
水沼房江は兄・鉄三を雇ってもらえないか頼む。
だがすでに康平を通して売却する相談は進められていた。
そこに康平の部下、高岡翔太から意外な売却先が明かされる。

たたら【鑪/踏鞴】とは
日本古来の代表的な製鉄方法。粘土でつくられた高さの低い炉で,木炭を燃料として砂鉄を製錬する原始的なものであるが,日本刀の素材である玉鋼はこの方法でつくられていた。




2015年3月20日(金)〜29日(日) 青年座劇場

【入場料】一般4200円/学生3000円

◆青年座ユース先行予約開始:1月22日(木)
◆一般前売開始:2月5日(木)

【チケット取扱い】劇団青年座=0120-291-481(チケット専用11:00〜18:00土日祝除く)
青年座HP=http://www.seinenza.com
電子チケットぴあ=0570-02-9999(Pコード=441-240)
ローソンチケット=0570-084-003(Lコード=35467)
0570-000-407(オペレーター対応)
イープラス=http//eplus.jp
Peatix=http://tatara.peatix.com


2015年3月 ――無器用な男たちの生き様が軋み、火花を散らす