嶋田翔平/デューク役
IMG_5136
捕虜収容所と聞くと悲しく苦しいイメージがあるかもしれませんが、基本的には国際条約で
ある程度の権利が認められていて、中には収容所内で自治を行うところもあったようです。
勿論、暮らしは楽なものではなかったでしょうけど。
本を読んでいくと、そんな厳しい収容所の内側でも、楽しみを探し交流を深めて人間らしく
生きている人々が見えてきます。

しかもこの作品はスパイ探し!
チラシのキャッチにもあるように、
「この中にスパイがいる」!
普段は仲の良い同国の捕虜達の、いったい誰が敵と通じているのか?
ハラハラな展開です。
テーブルゲームにもなるほどの人気の「第十七捕虜収容所」。
ハラハラご観劇いただければ嬉しいです!
スタッフ・キャスト陣もハラハラ稽古に励みます!

p.s.
ところで「デューク」という名前。
元々はローマ帝国の栄誉ある称号で、英国やイタリアなどでは今も貴族の最高位の名誉称号だとか。
そんなこともあってかどうかは分かりませんが、欧米の演劇や映画で出てくるデュークという名の役は、
格好いい俳優が演じることが多い気がします。

今回の台本にも、デュークは文字通りのイケメン、という設定が書かれていまして…
ん、なんだって?
も、文字通りの、い、い、イケメン!?
それは…台本でいちばん難しいところか?(笑)
いやいや、稽古はまだスタートしたばかり!
文字通りのイケメン目指して、嶋田翔平、が、頑張ります!


チケット絶賛発売中!お申込みはお早めに!!
 劇団青年座=0120-291-481(チケット専用 11:00〜18:00 土日祝除く)
 青年座HP=http://www.seinenza.com