本番まであと10日!
いよいよ本日から音響さんが稽古場に入り、
音合わせをしながらの稽古となりました!
段々と本番さながらの雰囲気になっていきます。

頭からラストまで音合わせの稽古後に"荒通し"をしました!
1場から場面ごとに止めず転換の段取りもおおよそ付けて進行していきました。

明日以降からも日々通し稽古を重ね、詰めていきます!


image1

写真は今日の稽古後にとあるシーンの録音をしている風景です。

image2

かの子と一平の息のあった〇〇〇〇〇にご期待ください!

――<あらすじ>――
1939年(昭和14年)二月東京は青山の岡本家。
病床に臥す岡本かの子。
その傍で泣いている夫の岡本一平と同居人の新田亀三。
息子の岡本太郎はパリへ留学中。
間もなく迎えるかの子の死。
「誰にも知らせないで」かの子の遺言を守るべく一平と新田は、
二人だけでお葬式をすることになったが・・・。

2015年9月17日(木)〜9月23日(水)/青年座劇場
チケット絶賛発売中!お申込みはお早めに!!
劇団青年座=0120-291-481(チケット専用 11:00〜18:00 土日祝除く)
青年座HP=http://www.seinenza.com