おはようございます。
いよいよ本番まであと1週間を切り、稽古も佳境を迎えております。
それでは、2人目のキャスト紹介です!
スタジオ公演は青年座以外の俳優も出演が可能です。
今回、客演でお呼びしたのは・・・
犢云尚舵廰疚髻∧験愃造虜汗醢太気気鵝
image1

犢云尚舵廰瓩箸蓮
慶応大生の時、岡本家に兄と居候をする。
かの子と一平の部屋が汚かったため整理整頓をし始めたことからいつの間にか岡本家の家政全般から収入支出の管理を20年近くするようになる。
佐川さんの演じる恒松安夫の仕事ぶり、どんな展開が待ち受けているかどうぞご期待ください!

――<あらすじ>――
1939年(昭和14年)二月東京は青山の岡本家。
病床に臥す岡本かの子。
その傍で泣いている夫の岡本一平と同居人の新田亀三。
息子の岡本太郎はパリへ留学中。
間もなく迎えるかの子の死。
「誰にも知らせないで」かの子の遺言を守るべく一平と新田は、
二人だけでお葬式をすることになったが・・・。

2015年9月17日(木)〜9月23日(水)/青年座劇場
チケット絶賛発売中!お申込みはお早めに!!
劇団青年座=0120-291-481(チケット専用 11:00〜18:00 土日祝除く)
青年座HP=http://www.seinenza.com