劇団青年座第231回公演『砂塵のニケ』特別企画

青年座劇場の歴史を語る(第6回)



1969年の開場以来、劇団青年座の創作活動の中心にあった青年座劇場が、

本作をもって一時休館します。

そこで今回特別企画として、長い歴史をもつ青年座劇場について、

『砂塵のニケ』出演者の山野史人(やまの・ふびと)

青年座演出部・古川慶弘(ふるかわ・よしひろ)

青年座製作部・水谷内助義(みずやち・すけよし)の三名が語ります。





『雨のワンマンカー』
『雨のワンマンカー』舞台写真




第6回 大変だったスタジオ公演 




青年座劇場で上演された作品の中でも,
3人の印象に残っている大変だった作品についての話です。
劇団員の自主企画による公演、スタジオ公演『雨のワンマンカー』の話題が出ました。


山野 『雨のワンマンカー』って芝居も忘れられないね。篠崎光正演出のやつ。

水谷内 スタジオ公演。

古川  大変だった(笑)

山野  装置に本物のバスをもってきたんだよ。都バスそのまま買ってさ。

水谷内 実物の運転席を飾りたくて。で、搬入口に持ってきたのはいいんだけど入らないんだよ。

山野  舞台監督は安藤太一だな。劇場に入らなくて泣いてたよ(笑)

水谷内 入らないから業者呼んで、二つに切断して運んだんだけど本物だから重くてな。
それで舞台稽古の最中に盆のキャスターが壊れて動かなくなったよな。

山野  俺と太一で前進座まで大型ジャッキ借りに行ったよ、盆を修繕するために。舞台稽古出来ないんだもん。盆が回らないから、本当また徹夜(笑)。

水谷内 キャスター直して、ぶっつけ本番だったな、初日は。


つづく





======================================



劇団青年座 第231回公演

砂塵のニケ 

3月23日(金)〜3月31日(土) 青年座劇場





<チケット取り扱い>

青年座→電話0120-291-481(平日11時〜18時)

      チケット予約フォームはこちら



チケットぴあ(Pコード483-930)→申込みページはこちら



ローソンチケット(Lコード34514)→申込みページはこちら



イープラス→申込みページはこちら