劇団青年座 第235回公演
SWEAT スウェット 
作:リン・ノッテージ 翻訳:小田島恒志、小田島則子 演出:伊藤大
<CAST>
加藤満/山賀教弘/五十嵐明/逢笠恵祐/久留飛雄己/松田周
松熊つる松/佐野美幸/野々村のん
2019年3月6日(水)〜12日(火) 駅前劇場

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□
『SWEAT』・あらすじ
全米で最も貧しい街の一つとされるペンシルバニア州レディング。
手厚い保障が受けられる限りは現状維持で構わないとするトレーシー。
週末に飲んで馬鹿騒ぎ出来れば他に望みはないジェシー。
今後のキャリアを考え管理職を目指すシンシア。
三人は長年、この街の同じ工場で働き、同じバーに通い続ける友人だ。
経済のグローバル化にともなう不況の波が押し寄せる中、
会社は更なるコストダウンを目標に掲げ、メキシコへの工場移転を発表する。
それに対し組合はストライキを決行するが、反対に工場から完全に締め出され、
賃金の安い移民に仕事を奪われてしまう。
管理者側と労働者側に分かれたことで脆くも崩れ去る三人の友情。
街中に流れる不穏な空気。
その中で労働者たちの怒りはある移民の青年に向けられた――。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□

『SWEAT』、いよいよ初日が近づいてまいりました。
本日より3回にわたって
松熊つる松、佐野美幸、野々村のんのインタビューをお届けします!
r5_9

(写真左より:佐野美幸、松熊つる松、野々村のん/撮影=坂本正郁)


――最初に、それぞれの役どころについて教えてください。

松熊つる松:私はトレーシーという役で、簡単に言えばジェイソンの母で、夫とは死別していて、ずっと同じ工場で働いてきた女の労働者の役です。端的に言うと…女、
うん、「女」ですね。なんか私も昔こうだったかもしれないとか思う役ですね。子供の頃の女の子同士の関係とか思い出しちゃう。

佐野美幸:私はジェシーという工場で働く40代の役ですね。お酒が好きで、友達の事が好きでっていう。子供はいないんですけど、まぁ楽しく暮らせればいいと思ってるんだけど、楽しくないこともあって…お酒を飲みます。

松熊:ふふふ(笑)

野々村のん:いやぁ、役どころの説明って難しいね。シンシア、40代、工場でスチール管を梱包する仕事を24年間やってきた黒人女性。

松熊:なるほどね。

野々村:夫がいて…いや、まぁ夫とは離婚して別居してるんだけど。で、良く出来たかわいい息子がいます。うん、息子がかわいい(笑)

松熊・佐野:笑

野々村:でも、そうね。ずっと色んな事を我慢して生きてきた人なので、どこかで夢のように…なんだろ?出世?

佐野:出世欲があるってことだよね。

松熊:あ、上昇志向の女性って言ってた。

野々村:伊藤さんが?(※演出=伊藤大)

松熊:うん、伊藤さんが。

野々村:上に行きたいっていう、ずーっと溜りに溜まったものが、作品には描かれていますね。

松熊:あ!それ聞いて、自分の役どころがわかった。ほぼ我慢することなく、お金にそう困ることもなく、これが当たり前だと思ってきて、今に満足してるから上昇志向もなくって。でも「女」って言ったのは、先に行こうとしている人や、お金がたっぷり入る人に嫉妬したり、妬んだり…。そうね、ねたみ…そねみ…嫉妬…「女」だね(笑)

野々村:人間だよ。男の人にだってそういう所あるもん。

松熊:ああ、そうだねぇ。

野々村:男の人の方がすごいって言うよ(笑)

松熊・佐野:笑


―― つづく

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□
チラシ表

<入場料>全席指定
一般=4,500円
U25(25歳以下)=3,000円※
U18(18歳以下)=2,000円※
(※=青年座のみ取扱い・当日受付精算のみ・身分証提示)


<チケット取扱>
劇団青年座 0120-291-481(チケット専用11:00〜18:00土日祝除く)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:490−407)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:32484) 
※オペレーター対応 0570-000-407(10:00〜20:00)
イープラス http://eplus.jp