初日まであと18日。時間がどんどん過ぎ、稽古場がガンガン熱くなって行きます。稽古が終盤に差し掛かってくるとともに稽古以外に様々なことがでてきます。製作はパンフ作成もしますので作家、演出家、俳優に原稿依頼をします。作者の斉藤珠緒さんは現在鹿児島の某島にお住まいだがメールにて早速原稿を送ってくださった。思いの溢れた原稿は嬉しい。(※初演のパンフレットにお書きいただいた文章は後日アップします。)驚きは演出の鈴木さん。いつもいちばん遅い原稿が今回は〆切前に書き上がってきた。良い状態なのか。この事実と芝居の上がりとの関係を確かめてみたい。俳優の原稿もぼちぼち集まってきている。これは公演時、実際のパンフレットでお確かめ下さい。尚、今回のパンフは変形版です。持ちやすくイイ感じに仕上げたいですね。稽古場の様子は次の機会にお知らせします。