a4040cc9.JPG 木下順二先生御逝去の報に接し、私達青年座一同、心より御冥福をお祈り申し上げます。
 先生の代表作の一つ『審判−神と人のあいだ第一部』のドラマティック・リーディングによっての上演に、わざわざ青年座劇場にお越しいただき、スタッフ・キャストにお言葉をかけていただいたことを昨日のことのように思い出します。この舞台は青年座の「夏にこだわる路線」の最重要作品として数年間にわたって上演し続けました。合掌

写真は『審判−神と人のあいだ第一部』舞台